ノートパソコン

ノートパソコンの長所

どこでも仕事ができる

持ち運びできるというのがノートパソコンが持つ最大の長所です。今ではUSB機器も充実し、クラウドを使用したサービスの充実によってインターネット上にハードディスクを持つこともでき、季節に合わせたリゾート地での快適なビジネスさえも可能にしています。

音が静か

ノートパソコンはデスクトップパソコンに比べて静かです。ノートパソコンには省電力CPUが採用されやすく、こうしたCPUは発熱量も少ないため、騒音の最も大きな原因であるCPUファンを簡略化できることが、ノートパソコンが静かな理由です。

停電に強い

デスクトップパソコンでは停電になると全てのシステムが強制終了します。これにより、ハードディスクが深刻なトラブルを起こし、データを消失してしまう可能性があります。ノートパソコンにはバッテリーが搭載されていますので、停電になっても安心です。

災害に強い

場所を選ばずに作業ができ、停電によるシステムトラブルの心配もなく、省電力で数時間もバッテリーだけで稼働するノートパソコンは、もはや防災用品と言っても良いくらい頼りがいのあるツールと言えるでしょう。予備のバッテリーを確保しておけば、なお安心です。

ノートパソコンの短所

高価

同じ予算ならデスクトップの方がスペックの高いマシンを購入できます。ですが、ノートパソコンならではの長所は、スペックの差を補うだけの価値があります。使う場面を良く想像して、ノートパソコンかデスクトップかを選ぶと後悔しません。

故障しやすい

ディスプレイなど、可動部分のある個所が影響するパーツに故障が良くみられます。ディスプレイと本体が一体となっているため、故障した場合には修理も大がかりなものとなります。

ノートパソコン選びのポイント

駆動時間

せっかくの機動性を活かすためには、バッテリーの性能がものを言います。駆動時間は最初にチェックしておきたいポイントです。ただしCPUが高性能になるほどバッテリーの消耗が激しく、駆動時間も短くなります。あまり駆動時間が短いようなら、CPUのランクを下げてみた方がトータルで考えた場合に良い買い物となる場合もあります。

重さ

近所のカフェなどへ気軽に持ち運ぶような使い方が多いのならば、駆動時間よりも軽さで選ぶ方が良いでしょう。インターネットなどの軽い作業しかしないのであれば、ネットブックもおすすめです。

画面サイズ

ノートパソコンでDVDやブルーレイを観賞したり、ゲームをしたりするのであれば画面の大きさが重要になってきます。この場合は何より大画面 ノートPCがおすすめです。

メニュー